ホーム マイアカウント お問い合わせ

トウワタ(唐綿)

1,320円(税120円)

販売価格

1,320円(税120円)

購入数


カバマダラの食草・エサとして食される。 ほかの食草としてガガイモ(葉・茎)やフウセントウワタも食される。 ■概要    ・学名:Asclepias curassavica    ・別名・和名:唐綿 ・科名:ガガイモ科(Asclepiadaceae)    ・属名:トウワタ属(Asclepias Linn)    ・英名:bloodflower    ・分布:南米(熱帯アメリカ原産)    ・高さ・大きさ:1m〜2m(低い木) ・特徴: ■まめ知識    ・名前の由来:外国からきた綿から 唐綿といわれるようになったようです。    ・類似・間違いやすい似ている植物:近縁にキョウチクトウ科がある    ・有用性  :解熱効果があるようですが毒性があるので一般利用は避ける。    ・その植物の歴史など   :アスクレピオス(医の神・蛇使い)から属名を名づけられた。    ・花言葉: 行かせてください 花がきれいで観賞用としても人気が高い ■花    ・花の時期: 夏 ほか現在調査中・・・ ■育て方・栽培方法    ・まわりの環境(自生地の)    ・成長過程と大きさ    ・増やし方    ・水のかけかた・水のやりかた    ・光について    ・温度について    ・土について    ・害虫について    ・種について    ・肥料について ■学術的    ・同一の科の情報  例:サトイモ科は○○がある。    ・分類  単子植物・裸子植物などなど    ・葉について(きょ歯あり・切れこみあり・全緑)    ・生育場所 選択(低い山・草原・日陰・水辺などなど)    ・葉の付き方(対生・互生・輪生・根生)    ・落葉・常緑